アラサー男子の趣味を種々雑多に日々アップ

heavy peatのブログ

マンガ 書籍

MOMO the blood taker 全巻感想やネタバレのようなもの

更新日:

MOMO the blood taker 全巻感想やネタバレのようなもののアイキャッチ
ヤングジャンプで連載していた前作の「ボクガール」から3年。


杉戸アキラさんの最新作MoMo -the blood taker-(モモ・ザ・ブラッドテイカー)の全巻レビューのようなものをまとめていきます。


見どころとなどをまとめてますので、サラッとネタバレを含んでいる可能性があります。


MOMOを未読の方は注意して御覧ください。






MOMO the blood takerの魅力

2019年1月から連載が始まったMOMO the blood taker(モモ・ザ・ブラッドテイカー)。


前作のポップでコメディタッチな「ボクガール」の作風から一変して、恋人の復讐を果たそうとする中年の警察官とヴァンパイアの少女というダークファンタジーな世界観が魅力的ですね。


1巻がリリースされたのが2019年4月ということで物語の全容は出てきていませんが、しっかりと描かれたキャラクターや世界観は今後の話に期待が持てそうですね〜。


杉戸アキラさんの絵は前作から好きでしたが、今回もいい感じですね。


漫画としてデフォルメされていますが、主人公の御子神の中年の枯れた雰囲気やヴァンパイアのMOMOのあどけない雰囲気など等。


個人的に中年のおっさんがどんな風に活躍をしていくのかに注目しています。




スポンサーリンク

第1巻 全身の血が抜かれる猟奇事件

MoMo -the blood taker- 1【電子書籍】[ 杉戸アキラ ]

created by Rinker


全身の血が抜かれるという猟奇事件が発生した東京都武蔵野が物語の舞台。


人間業とは思えない異常な犯行現場や、遺体につけられた獣のような噛み傷。


世間では一連の犯行をヴァンパイアになぞらえて「V」と呼ぶようになる。


人ならざるものの犯行を否定する警察だが、主人公の御子神だけは事件の犯人を確信し単独操作で犯人を探し続ける。


御子神は捜査の末に、10年前に恋人を殺害した犯人「二つの顔を持つ男」と遭遇する・・・。



物語はサスペンス調に始まりますが、1巻が終わる頃には一気にダークファンタジー路線へと加速していきます。


吸血鬼はどんな存在なのか、吸血鬼のMOMOの目的はなんなのか、1巻はイントロダクションとして世界観が描かれるにとどまっていますが、2巻以降に物語がどんな風に深掘りされていくのか、興味深いですね。



MoMo -the blood taker-を無料で読む

MoMo -the blood taker-はweb版のヤングジャンプ「となりのヤングジャンプ」で話数限定で無料で読むことができます。


興味のある方は是非試してみて下さい!




スポンサーリンク

MoMo -the blood taker-をお得に買う

どうせ読むなら無料で読むだけじゃなくてしっかりと単行本で読みたい!という方はFODのサービスをどうぞ!


FODプレミアムというサービスで無料で読めるので、サラッと紹介します。


FODプレミアムはフジテレビが運営している動画配信サービス。マンガや雑誌、ドラマに映画が豊富!



無料でできる『1ヶ月お試しキャンペーン』に登録するだけで、お試し期間中に1540ポイント(1663円分)使えちゃうので、3冊は最新刊を無料で読めるんですね〜。


FODプレミアム紹介画像


漫画喫茶に行くよりも断然お得、自分の読みたいマンガをサクッと読めるのが楽ですね〜。


アレもコレも無料で試しに読みたい!


そんなアナタはぜひ活用してみてください。


ただ、この無料お試しキャンペーンが行われている期間のサービスなので、お早めに試してみてください♪

ココがポイント


  • 1ヶ月間無料で使える!
  • 1540ポイントもらえるので単行本3冊が読める!もちろん最新刊もOK!
  • 無料登録はAmazonのアカウントを使うのでカップ麺ができるのを待つ間に登録完了!※
  • ドラマや映画、アニメが見放題!
  • 人気雑誌ももちろん読み放題!

※他のアカウントででも登録はできますが、無料キャンペーンは対象外です


【FODのオフィシャルHPで詳細をチェック】






おわりに

杉戸アキラさんの漫画はそれほど種類が多くなく、どメジャーな雰囲気ではないですがダークファンタジー好き・中年おっさんの主人公が活躍する漫画が好きという方は手にとって見て下さい。


私は絵柄とおっさんが活躍するあたりがストライクです。


杉戸アキラさんが今後さらに活躍してくれるといいな〜。


よく読まれる記事

-マンガ, 書籍

Copyright© heavy peatのブログ , 2019 All Rights Reserved.